タイに住む山岳少数民族(山地民)の生活の向上と文化・伝統の継承をサポートするNGO

タイ東部沿岸でのマングローブ植樹

d0156967_20163590美しく穏やかなタイ湾と、緑豊かな自然に抱かれたタイ東部。
こちらのボランティアツアーで一つ目に訪れる、チャンタブリーは、気候に恵まれ、ドリアンやマンゴスチン、マンゴー、ランブータンなど、南国ならではのトロピカルフルーツの産地であったり、エビ養殖で有名な場所です。
チャンタブリー県で農業、漁業に従事していた人々は、80年代のタイ政府の経済開発政策の一つ、エビの近代漁業方法を受け、多くはそれに転換しました。しかし、その結果、多くの自然環境の悪化と経済的、精神的貧困に陥ってしまいます。
そんな中、再建のために持続可能な観光を取り入れ、自然養殖を行い生計を立てている漁師さんの家庭がありました。
マングローブの老木を利用して作られた素敵なバンガローに宿泊しながら、漁師さんに耳を傾け、エビの大量消費国と呼ばれる日本が、この先どう関わっていくべきかを探ります。

二つ目に訪れる、カンボジアに海と山脈で国境を接するトラート県は、美しいサンゴ礁のあるチャーン島やクート島などが浮かび、ダイビングのメッカとなっている場所です。
d0156967_20112859チャーン島は、2004年のタイ津波が津波被害にあった時期に、急速に開発が進み、観光客で賑わう有名な島になりました。しかし、巨大な資本が次々に押し寄せた結果、島の伝統的な生活は急激に変化してしまいました。
島人が、ホテル事業者に土地を売却している中、頑なにそれを拒否した家族があります。チャーン島では、そんな家族が経営しているバンガローに宿泊します。

タイの田舎の経済的貧困と、日本の食や富裕とにはどんな関係性があるのか、今後私たちはどう関わっていくべきかを考え、激減しているマングローブの植樹ボランティアを行います。

日程の工事中 お楽しみに!!

スケジュール例

1日目 ホテル泊 in サムットプラーカーン

午後
スワナプーム国際空港(新バンコク国際空港)の到着(Arrival)階3番の入り口付近のMeeting Point に18:00集合。スタッフと合流!
※集合時間に間に合わない場合も考慮できます。
レストランでの夕食。
車でホテルへ。 オリエンテーション、村でのマナーの説明。タイ語講座。
NGOオリジナルTシャツをプレゼント。

2日目 マングローブ林の中の可愛いバンガロー泊 in ジャンタブリー

d0156967_20192388午前
ホテルでの朝食。
車でジャンタブリーへ。
ドリアンやマンゴスチン、マンゴー、ランブータンなど、南国ならではのトロピカルフルーツ狩り。

午後
レストランで昼食。
マングローブの植樹ボランティア。
船でマングローブ林や近隣の村を探検。 人と自然の関わり方について学ぶ。
マングローブに生息する新鮮なカニや魚、エビの夕食。
村人に、近代漁業と自然環境の破壊についてのお話を伺う。

※ここジャンタブリーの宿泊先は、漁師さん家族が経営しています。
ジャンタブリー県で農業、漁業に従事していた人々は、80年代のタイ政府の経済開発政策の一つ、海老の近代漁業方法を受け、逆に多くが環境の悪化と経済的、精神的貧困に陥ってしまいました。
私たちが宿泊する家庭は、再建のために持続可能な観光を受け入れ、ホームステイを経営しています。
こういった人々に耳を傾け、エビの大量消費国と呼ばれる日本が、この先どう関わっていくべきかを探りましょう!

3日目 ロマンチックな水上コテージ泊 in トラート・チャーン島

d0156967_11425652午前
バンガローでの朝食。
車でトラート県の港へ。 港から船でチャーン島へ。

午後
レストランでの昼食。
カヌー&カヤッキングで島の散策。
真っ白なビーチでの海水浴。 ビーチでサンセットを見る。
漁師がオーナーのコテージでの夕食。美味しいシーフードが盛りだくさん!
イカ釣り、魚釣りに挑戦!!スタッフが教えてくれます。

4日目 水上コテージ泊 in トラート・チャーン島

d0156967_11424689午前
コテージで朝食。
1日シュノーケリングへ。
チャーン島のいくつかの離島、真っ白な砂のビーチを訪れます。

午後
ビーチでの昼食。
1日シュノーケリングへ。
チャーン島のいくつかの離島、真っ白な砂のビーチを訪れます。
漁師がオーナーのコテージでの夕食。美味しいシーフードが盛りだくさん!
村人に、島の観光開発とその問題についてお話を伺う。

※チャーン島は、2004年のタイ津波が津波被害にあった時期に、賑やかになり、有名になった島です。巨大な資本が次々に押し寄せ、島の伝統的な生活は急激に変化してしまいました。
島人が、ホテル事業者に土地を売却している中、頑なにそれを拒否した家族がありました。チャーン島では、そんな家族が経営しているバンガローに宿泊します。
タイの田舎の経済的貧困と、日本の富裕とにはどんな関係性があるのか、今後私たちはどう関わっていくべきかを考えます。

5日目

IMG_3300 (Medium)午前
コテージでの朝食。
島での自由行動。

午後
コテージでの昼食。
船と車でチャーン島からスワナプーム空港へ。
途中、地元の市場の見学、タイ寺院の見学。
レストランでの夕食。
21:00スワナプーム国際空港(新バンコク国際空港)へお見送り。

※上記日程、活動、交通機関、時刻等は、現地事情により変更される場合があります。
※現地での活動および宿泊先は、現地事情により変更されることがあります。

参加条件

老若男女問わず参加できますが、以下の条件をすべて満たしている方に限ります。

・ボランティア精神に豊富で何事にも積極的な方。
・暑い気候に耐えられる方。
・自分の行動に責任をもてる方。
・異文化を理解する努力のできる方。
・協調性のある方。

参加費

お1人 1万6千タイバーツ
お2人以上で参加の場合、過去にミラーのボランティアに参加されたことのある方は、2,000B割引! レートに関してここをクリック>>>
参加費に含まれているものは、プログラム内の現地交通費(移動の時の車代、船代)、すべての食費+飲料水、宿泊、観光、シュノーケリング用具レンタル、カヌー&カヤッキングレンタル、釣り道具、村人ガイド、日本語通訳、プログラムアレンジの費用、お土産(ミラーオリジナルTシャツ)です。
パスポート取得の費用、タイ-日本往復航空券、海外旅行保険のための費用は含まれません。

集合場所・解散場所

スワナプーム国際空港(新バンコク国際空港)の到着(Arrival)階3番の入り口付近のMeeting Point に18:00集合。スタッフと合流!
※飛行機を降りて、入国審査(Immigration)を通過し、預け荷物を受け取り、税関(Custom)を抜けたところが2階の到着(Arrival)階です。右の方に抜けると3番出口があります。
※スワンナプーム空港の建物は、地下1階が空港と市街を結ぶ電車(エアポートリンク)の乗り場、1階がタクシー乗り場と食券食堂、2階が到着(Arrival)階、3階が飲食店やコンビニ、4階が出発(departure)階です。予定より早く着いてしまった方も、スワナプーム空港内で十分時間を潰すことができます。
※集合時間に間に合わない場合も考慮できます。

スワナプーム国際空港(新バンコク国際空港)解散。

定員と催行人数

定員10名。2名に達しない場合は中止になる場合があります。

準備する物

・参加費(釣りのないようにお願い致します)
・お小遣い
・パスポート
・パスポートのコピー2枚(ミラーに到着後1枚を提出して頂きます)
・日よけ用の帽子
・虫除けスプレー
・ビーチサンダル
・水着
・服
・下着
・バスタオル&タオル
・日焼け止め
・ビニール袋数枚
・薬類(ポカリスウェット、絆創膏、風邪薬、胃腸薬、虫刺されの薬、冷えピタ、ビオフェルミン、マスク、アルコール消毒用ジェル、酔い止め等)
タイの薬は成分が強いですので日本の薬を必ずご持参下さい。
・洗面用具
・洗濯用洗剤
・カメラ(カメラのフィルムは日本で購入したほうが格安)
・カメラの充電器(タイでは、電圧/周波数:220V 50HZ  プラグ:Aタイプ、BFタイプ、Cタイプが使用できます)
・メモ帳
・雨具
・簡単なタイ語の本や辞書

注意事項

・スワナプーム国際空港(新バンコク国際空港)集合、解散です。
・海外旅行保険には万が一の時のため、必ず加入してきてください。ツアー参加中の不慮の事故や病気の責任は、ミラー財団側では一切負いかねます。
・予防接種についての質問はお答えかねます。厚生労働省検疫所のホームページを参考にしてください。
・急なキャンセルは、キャンセル料がかかってしまいますがご了承ください。
・ミラー財団のルールやタイでのマナーを守れない方や、参加の条件に該当されない方は、ミラー財団の独断で滞在をお断りする場合があります。その場合、既に支払った参加費の返却はできません。
・布教活動、買春行為は一切禁止です。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © ミラー財団 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.