タイに住む山岳少数民族(山地民)の生活の向上と文化・伝統の継承をサポートするNGO

ミラーでの生活 in チェンライ

d0156967_13361581ミラー財団のチェンライ事務局は、チェンライの街から15km離れ、車で20分~30分走った田舎にあります。

山と山の谷間に位置するミラー財団には、仕事や生活をするためのスペースがあり、たくさんの木々と2つの池があり、鳥や虫たちの小動物が一緒に暮らしています。
その雰囲気は、1 つの小さな村のコミュニティーのようです。
可愛い犬や猫などが自由にのんびり暮らしており、その光景はとてもほのぼのとしていて、私たちの気持ちを穏やかにしてくれます。d0156967_141320

ここから視点を少し遠くへ移すと、そこには山や丘に住むアカ族の集落が広がっています。
どこの国や民族の人も、ここで活動している人たちはとてもフレンドリーで親切で、また、チェンライの街の人や子どもも、いつも日本人の私たちにも笑顔を向けてくれます。

d0156967_1423643このような日本とは異なるゆったりした環境の中での生活は、私たちの心を柔軟にし、今まで見えなかった多くの物事が見えたり、見えているのに気が付かないふりをしていた自分を知ることのような自分発見につながるかもしれません。

ここでたくさんのことを学ぶことができます。ミラー財団を出る頃には大きく成長した自分がいるでしょう。

d0156967_13515115

チェンライの街からミラー財団までの地図 ※clickで拡大

宿泊施設

d0156967_1285173木の家(バーンプアン)

ミラー財団の敷地内には、スタッフやボランティアが生活するための宿泊施設があります。それらは周囲の豊かな自然に溶け込むよう、木や土から作られています。
d0156967_12135079夜になると「トゥッケー」と高らかに鳴く動物の声が聞こえ、朝は鳥の声で目覚めるでしょう。

女性スタッフ、ボランティア、インターン生のための木製2階建ての宿泊施設です。時期により異なりますが、大体5~12名ぐらいで共同生活をし、基本的に1人部屋ではありません。
部屋にはもちろん電気があり、ノートパソコンを持参していれば、ワイヤレスランをキャッチし、インターネットを自由に利用できます。

d0156967_12282042
ツインの家(バーンフェ)

基本的にこちらも女子寮になっています。
1階建の建物で、ベットが並んでいます。


土の家(バーンディン)

男性のための宿泊施設「土の家」は、土と籾殻、藁を捏ねて作りました。木の伐採を最小限に抑えたこの家の室内は、暑い季節に涼しく、寒い季節に暖かいことが特徴です。d0156967_12315265

ここで生活していると、自然に早寝早起きになります。それは、私たちが忘れかけている自然のサイクルに、体が溶け込むからでしょう。
日本にいる時よりもちょっぴり早起きをした朝、窓を開けて深呼吸すると、タイ、チェンライでの幸せな今日一日が始まります。


トイレとシャワー室

木の家、ツインの家、土の家の宿泊施設には、トイレや洗面所、シャワー室が併設されています。
トイレは、タイ様式である桶を使った手動洗浄であり、水の節約を可能にさせています。また、シャワーはタイの暑い気候に合わせ、湯ではなく水になっています。クーラーを効かせ冷えた部屋で涼むのではなく、行水をして体の火照りを取り除く、タイ流エコロジーに挑戦しましょう。


洗濯

ミラーにある2相識の洗濯機を利用することができます。その他にも手洗い洗濯が可能なスペースには、洗濯桶も設けられています。
洗濯用洗剤はありませんので、日本から持参ください。


食事

d0156967_12325766共同の台所があり、基本的に月~土曜日の3食はここで食事を取ります。もちろん、メニューは毎食タイ料理ですが、ここにはタイの様々な地域から人が集まっていますので、タイ全土の郷土料理を口にすることもあるでしょう。また、近くの山で旬の山菜狩りをして、その日の料理に利用することもあります。
あなたの得意料理をメンバーに振舞うことも可能ですので、その場合は日本から調味料をご持参ください。
食事は当番制ですので、みんなで協力して美味しい食事を作りましょう!


憩いの場

d0156967_12334465コーヒーを飲みながら新しいお友達とおしゃべりをしたり、夜ギターに合せて歌ったりする憩いのスペースが、ミラーには設けられています。
夜間やお休みの自由時間に、自分自身でタイ人スタッフや外国人ボランティアに約束をし、タイ語、英語、山岳民族の言葉を勉強をしたり、様々な地域の文化を学ぶことが出来ます。


パソコンの利用d0156967_12355325

日本語の使用が可能なパソコンがあります。
しかし、数に限りがありますので、ご自分のノートパソコンを持参した方が良いでしょう。敷地内では、ワイヤレスランをキャッチし、どこでもインターネットが通じます。


d0156967_1238884ゴミ拾い

週に1回、メンバー全員で協力し、敷地内や周囲のゴミ拾いをします。
また、ミラー財団でゴミのリサイクルをしていますので、分別にご協力ください。


助け合いの時間

d0156967_12393338週に2回4時~5時の1時間、「みんなで力を出し合い協力して一つの作業をする時間」があります。池の水草を刈ったり、大掃除をしたり、その時によって内容は異なります。 メンバーは、同じ敷地内に居ながら、それぞれの事務所で各々に働いています。こういった時間を設けることによって、メンバー間の助け合いの精神を養い、交流を図っています。


交流イベント

d0156967_12411527年に数回、スポーツ大会が催されます。メンバーが4つに分かれ、グループ対抗戦をする場合や、ミラー財団周辺の村を巻き込んでの村対抗スポーツ大会をする場合もあります。
また、敷地内で誕生会や送別会があったり、メンバーのアンケートによって月に1人勤勉受賞者が選ばれ、小さなパーティーが月に 1 度開かれます。


Learning more♪

d0156967_1245517休日を活かし、村に機織や刺繍を習いに行ったり、タイの踊りや楽器を習ったり、街にタイ伝統マッサージ師の資格を取りに行くこともできます。
また、ミャンマーとの国境の町へ足を伸ばしたり、ゴールデントライアングル(タイ、ラオス、ミャンマーを一望できる場所)観光に出かけるのも楽しいでしょう。
タイでの時間を思い切り楽しんで過ごしてください。

注: タイの踊りや楽器は仲良くなったミラーのメンバーから習うことも可能ですが、村で機織や刺繍を習ったり、マッサージ師の資格を得るための費用、休日の観光の費用は自己負担になります。

MAP-IMIRROR-01

ミラー財団チェンライ事務局敷地内マップ ※clickで拡大

 

 

d0156967_12464676

d0156967_12484670d0156967_1247636

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © ミラー財団 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.